『じかんの家』が生まれるまで③

 

 

こんにちは、じかんの家の家主まなおです。

 

前回までの2つの記事に続き、

この『じかんの家』が誕生するまでの経緯について

今回も語っていきたいと思います。

 

前回の記事は

『じかんの家』の立地について

なぜ綱島(つなしま)へと辿り着いたのか

また移転してくる前の開業当時の様子についてなど、

今に至るまでの変遷を共有させて頂きました。

 

(前回までの記事はこちら:じかんの家が生まれるまで①)

(前回までの記事はこちら:じかんの家が生まれるまで②)

 

今回も『じかんの家』が生まれるまでのストーリを

少しみなさまと共有させて頂きたいと思います。

 

始めたころは独り身でした。

 

これまでは『じかんの家』の家長である

まなお1人の目線で語られてまいりました。

 

最初に『日吉』の駅で前のサロンである

『横浜ヒーリングステーション』を始めた頃は

 

まなかなの2人は結婚する前で、

まなお1人で開業したのが日吉のサロンだったのです。

 

開業した時点では、

2人はもちろん知り合ってはいましたが、

まだ当然お付き合いすらしていませんでした。

 

少し時間を遡ります。

 

日吉のサロンを開業する5カ月ほど前・・・

 

2015年の始まったばかりの頃でした。

 

当時のまなおはまだアレやコレやと勉強中の身

 

どうやって自分の学校を創ろうかと思索を練っていた頃でした。

 

そんな中で毎週のように

何かしらの勉強会・セミナーに顔を出していて

 

たまたまその中の一つが

 

今は自分たちの生活の中心になっている

 

波動調整®だったのです。

 

1月の千葉のレンタルスペースの和室

 

とても寒かったことを覚えています。

 

当時の波動調整®入門講座

 

その担当講師が柿谷佳奈だったのです。

 

 

きっかけは波動調整®

 

2人の出逢いは講師と受講生。

 

その場で何かがあったわけではありませんが、

 

波動調整®講座の内容に深い感銘を受けました。

 

 

“ようやく求めていた学びに出逢えた”

 

そういう感覚になったことを覚えています。

 

 

その後、初級・中級・上級と最短で駆け抜け、

インストラクターにならないかと声を掛けて頂きました。

 

それをきっかけに開業する決心がついたのです。

 

その後、同じ波動調整®インストラクターという立場で

お互いの講座に行き来したり一緒にイベント開催するうちに

気が付いたら今のように2人で活動することが多くなりました。

 

 

最初に波動調整®を習ってから、

インストラクターになるまでが3カ月ほど、

 

(超例外として認めてもらったので今じゃあり得ません)

 

 

本当に急展開だったと思います。

 

『日吉』の家が2人の家に

 

さらにインストラクタ―として活動するだけでなく、

波動調整®の運営会社に2人とも深くかかわることになり、

公私ともにどっぷりと一緒にやっていくこととなり、

 

(会社の設立が2人が付き合い始める大きなきっかけでした)

 

 

千葉と横浜の行き来が負担でしたから、

部屋の空いていた日吉の家に

佳奈ちゃんの方が転がり込んでくることと相成りました。

 

その後は、ほぼほぼ今と同じような形で

まなかなの2人で活動がメインとなっていきました。

 

晴れて2016年の2月に結婚し

名実ともに夫婦として活動をスタートさせました。

 

2人が出逢ってから

わずか1年ちょっとの話でございます。

 

こうしてまなお1人で始まった

『ヒーリングステーション』から

 

それぞれの経験値・学びが融合して

いまの『じかんの家』へと繋がっていったのです。

 

 

2人で選んだ場所が今の『じかんの家』

 

この2人だからお伝えできることがあると思います。

夫婦という形だからお伝えできることがあると思います。

 

(だからこ日常のすべてが実践になっているわけですが・・・)

 

取り立てて何かに優れた2人ではございませんが、

力を合わせて精いっぱい活動させて頂いております。

 

ぜひ、この『じかんの家』で過ごす時間をとおして

何か1つでも人生の中でのきっかけになれば幸いです。

 

コチラで2人の生活の様子や日常の気づきを綴っています。

⇒ まなかな夫婦日記 / 波動調整®的夫婦生活の記録

 

ここまで『じかんの家』の家が生まれるまで

その経緯をお伝えしてまいりました。

 

少しでも身近に感じて頂けたら嬉しい限りです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。